インタビュー

「ゆったり爽日市庭」 人、モノ、文化が行き交う交流スポット 

30~50代、次世代を担う商店主の

積極参加を期待

野間口 実行委員会形式の運営ですが、運営メンバーはどんな方々でしょう。

中山 私の家内が実行委員長、委員にはFlapjack’sの田島さん、水井さんTSCからアドバイザー的に谷古宇隆一さん、そして私が入っています。

今後はどんどん新しい方にも入って頂いて、バリエーションのある内容になればいいと思っています。ただし、誰でもいいというわけではありません。このイベントの主旨や理念を理解して、出品する商品もお客様から、ある程度の評価を得ているなどの条件が必要です。

単なるお金もうけだとか、活動資金づくりの場にならないような基準は大事です。出店者の輪は広げるけど、時間をかけて質にはこだわっていきたいです。

草加にどういうお店があるか、十分把握していないので、うちの店のお客さんの中にはユニークな店を利用している人もいるので、そういうネットワークも使いながら情報収集をしていきます。

そういうお店は、いろんな商店街の中にぽつぽつと点在しているので、商店街の方ともお話をしながら紹介して頂きたいと思っています。

野間口 今回、商店街からのエントリーはなかったのですか?

中山 TSCボードのおひざもとの商店街から本当は参加していただけるとよかったのですが、残念ながら今回はそういう出店はありませんでした。30~50代の次世代を担う商店主さんが、もっと積極的に出てきてくださることに期待しています。

出店風景

1 2 3 4 5 6 7
イメージ画像

サイト内検索

Loading